やっちゃば士の経営を楽しむブログ
やっちゃばに勤務するサラリーマンのブログです。
プロフィール

やっちゃばの士

Author:やっちゃばの士
井上敬裕
1972年生まれ
千葉県浦安市在住
岡山県出身
血液型O型
家族;妻、長女、二女、三女
趣味;クラッシック音楽鑑賞

とある青果会社の管理職をしています。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

ブログランキング

FC2Blog Ranking

FC2Blog Ranking

ビジネスブログ100選

ユーザータグ

リンク

このブログをリンクに追加する

フリーエリア

ブログ内検索

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

小さな天気予報


-天気予報コム- -FC2-

FC2カウンター

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

課長の孤独
「課長がこんなに孤独な役職だと知っていれば、課長になんてならなかった」これは先日紹介した酒井穣さんの『はじめての課長の教科書』の反響のひとつです。よく経営者は孤独だと言われることがありますが、課長の孤独感というのは経営者の孤独感とは違った性質の孤独感です。

 経営者は自らの意志で事業を起こし、展開します。したがって、自らの意志で社長=経営者の立場を選んだのであり、例え自分の思いが社員に伝わらなかったとしても100%自分で責任をとる覚悟が出来ています。会社のことは自分のことであり360度回ってみても障害物にぶつからない自由さがあります。

 ところが、課長という立場は自ら好んでなるものとは言えないのです。他人の会社に入ると言うことは、ある意味自分の好きなことを犠牲にする、自ら好まない業務もしなければなないということになります。末端社員ならば、社員としての気持ちを上司にぶつければいいかもしれません。上司に責任をとってもらうという気楽さもあるかも知れません。ところが課長は「会社の上層部では現場の代表」であり、「現場では会社上層部の代理人」です。現場の苦労を経営幹部にはわかってもらえないこともあるし、会社の事情を末端社員にわかってもらえないこともあるでしょう。つまり、一番ジレンマに陥るポジションなのです。苦しくなれば「経営者ではないのだからいいだろう」という逃げの気持ちも生まれてくることでしょう。この前線隊長のようなポジションを充実したものにするためには、自ら課長としてどのような内容を身につけるかという内的な動機が必要です。課長級のレベルになると、給料などの外的な動機だけでは、このジレンマと前向きに闘うことは困難であると思います。おそらく闘いをやめて「妥協」にはいるはずです。

 自分の内的な目標は常にチェックする必要があります。期限を決めて、環境に流されないように、次なる跳躍の目標を抱いてこの孤独な期間を有意義に過ごしたいものです。
スポンサーサイト

この記事に対するコメント
こんんちは。
まったくおっしゃる通りだと思います。課長に代表されるような中間管理職というのは、外的な動機ではどうにもならないほどに困難なポジションだと思います。その中で鍵となるのは、間違いなく内的な動機を自ら意識して育てて行く事だとおもいます。
【2008/07/08 03:21】 URL | 酒井穣 #VjWTLKMo [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://19971129.blog47.fc2.com/tb.php/97-9081c696
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。